SON広島への参加方法

SON広島への参加方法
SONには様々な参加方法があります。気になる参加方法をクリックして、ご自分にあった参加方法を見つけて是非SON広島にご参加ください。詳しい参加方法につきましては、事務局までご連絡ください。
お問い合わせはこちら

スペシャルオリンピックスでは、活動に参加する知的障害のある人たちを《アスリート》と呼んでいます。

現在世界165ヶ国以上で250万人以上、国内では、45都道府県で約6000人がアスリートとして、活動に参加しています。

アスリートになるにはまず、事務局の方へお問い合わせいただくようになります。スポーツトレーニングプログラムに参加するには、医療証明や個人登録などの書類を提出していただく必要があります。

アスリートになれるのは、国際ルールでは8歳以上ですが、日本では学齢期である6歳以上の知的発達障害のある人であれば誰でもスポーツプログラムに参加することができます。ただし、競技会への出場は8歳以上となっています。

競技会に参加する場合は、決められた期間に一定回数以上のトレーニングに参加していることが必要です。まずは、地区組織で説明を受け、登録することが必要です。

スペシャルオリンピックス(SO)では、《アスリート》のご家族を《ファミリー》と呼んでいます。SOでは、ファミリーも様々な形で活動に参加しています。

アスリートと一緒に思いきって一歩を踏み出し、新しいことにチャレンジしませんか?ボランティアやコーチとしてスポーツを共に楽しむことも出来ます。一緒に参加することで様々な可能性が広がっていきます。

現在、スペシャルオリンピックス(SO)の活動には、世界165ヶ国以上で70万人を超えるボランティアが参加しています。国内でも45都道府県でも約19,000人が地域で日常的に活躍しています。SOの活動は、アスリートを中心に、ファミリーとボランティアが共に活動することで成り立っています。スポーツトレーニングのコーチ、イベントや大会のサポート、事務局のお手伝いなどのボランティアがあります。

あなたの出来ることできる時間で是非ご参加ください。

スペシャルオリンピックスでは誰でもコーチになることができます。

コーチは、専門的なスポーツ技術の指導だけではなく、スポーツをする上で必要な準備やルールを教える役割もあります。

参加するアスリートのスポーツレベルは様々です。フルマラソンを走ることが出来るアスリートもいれば、50mをまっすぐ歩くのが難しいアスリートやスケートの靴ひもを結べないアスリートもいます。アスリート個々のレベルに合わせたトレーニングがありますので、コーチも自分の出来るレベルでアスリートをサポートしてください。もちろん障害者スポーツ指導の資格や経験をお持ちの人は、大歓迎です。ただし、資格や経験がない人にはコーチクリニック、コーチトレーニング・プログラムに継続的に参加し、アスリートと接することが一番の経験になります。

ページトップに戻る

制作:MIX Co.,Ltd. 《ミックスは、Special Olympicsを応援しています。》